Powered by Global Step Academy    
連載1プリスクールはどうやって建てられる?アオバジャパン・バイリンガルプリスクール用賀キャンパスができるまで

連載1プリスクールはどうやって建てられる?アオバジャパン・バイリンガルプリスクール用賀キャンパスができるまで

世田谷区上用賀に2023年4月開校予定の「アオバジャパン・バイリンガルプリスクール用賀キャンパス」。編集部は、改装前のスケルトンの状態から内見させていただきました。プリスクールの校舎ができるまでを連載でお送りします。


プリスクールがどのようにできるか、ご存知ですか?

*画像はイメージです。
出典:アオバジャパン・バイリンガルプリスクール

世田谷区上用賀に2023年4月開校予定の「アオバジャパン・バイリンガルプリスクール用賀キャンパス」。
編集部は、開校への動きを知り、すかさず「工事現場を見せてほしい!」とお願いしてみました。

「改装前のスケルトンの状態ですが、よろしいでしょうか」と丁寧な返信をいただき、用賀キャンパスの内見をさせていただきました。

▽ 当日は、アオバジャパングループ執行役員の上原理香氏とマーケティングコミュニケーション部の植田絢子氏がご登場!
 
「こちらにロゴが入ります、のポーズをしてください」という編集部の無茶振りにも対応してくれた上原氏、植田氏。

TSUTAYAなどが入った商業施設「コリーヌ馬事公苑」の3階にアオバジャパン・バイリンガルプリスクール用賀キャンパスが2023年4月に開校します。

同ビルには駐車場(有料)と駐輪場が併設されており、保護者による送迎はもちろん、スクールバスも用意されるため、通学も便利です。

今回工事前にお伺いしたのですが、上原氏から「校舎の中心に設置するものは決まっています」との声。

▽ それがこちらです。

知の中心は、ライブラリーツリーから

*画像はイメージです。
出典:アオバジャパン・バイリンガルプリスクール

キャンパスの中心に絵本や図書が集まるライブラリーツリーができるのは、決定しているそうです。
確かにパース図を見ると他の部分よりライブラリーツリーが詳細に描かれています。

実は、この構造がアオバジャパン・バイリンガルプリスクールの理念と知の体型を表現しています。

アオバグループは日本で多くの国際バカロレア認定校を持つ、保育・教育共にノウハウ豊富な教育組織です。

そのノウハウを活かし、用賀キャンパスではライブラリーツリーを保育エリアに設置。スクール全体の「知の中心」の存在は、探究の学びのコアにつながります。

自由で開放的な活動空間
あらゆる探究活動に柔軟に対応できる開放的なワンフロアの空間は、子どもたちの想像力や自由な発想を広げます。

用賀キャンパス2023年4月開校予定 - Aoba Japan Bilingual Preschool

https://aoba-bilingual.jp/yoga/

馬事公苑まで徒歩5分緑豊かな環境で学ぶ 東京オリン

アオバジャパン・バイリンガルプリスクール用賀キャンパスができるまで

ビルの3階、左側の反射ガラスの部分にアオバジャパン・バイリンガルプリスクール用賀キャンパスが2023年4月に開校します。

日々の外遊びは、馬事公苑まで道一本で行けるのも便利です。

本当に建築前のいわゆる「スケルトン」の状態でした。

幼児を預かるためには、「保育基準」に避難経路、耐震性、そして採光と呼ばれる太陽の光が何時間入るかという時間計算をする必要があります。

用賀キャンパスは、厳しい設置基準を満たし、さらに馬事公苑まで安全に移動することができ、毎日の外遊びを通して様々な探究活動ができることも、開校の理由になったそうです。

用賀キャンパスの延べ面積は512㎡で、定員は144名の設計です。

あまり遮る壁は予定しておらず、全体的にオープンな構造を考えているようです。(パース図参照)

*画像はイメージです。出典:アオバジャパン・バイリンガルプリスクール

内装で、子どもたちの学びをいかに深めるか

幼児の発達は、校舎の設計からも影響を受けます。
スケルトンの状態から遊び、学び、生活面などを想定し、図面に落とし込んでいきます。
本連載では、スケルトンの状態からどのような校舎になるのか、3連載で掲載していきます。

スケルトンから校舎を作り出す意味とは?

*画像はイメージです。出典:アオバジャパン・バイリンガルプリスクール

アオバジャパン・バイリンガルプリスクールの上原氏、植田氏にお聞きすると他のキャンパスも、ほぼスケルトン状態から内装を作るそうです。

スケルトンから取材OKの理由をお聞きすると「アオバジャパンの理念を感じていただき、作り上げる中で生徒さん、保護者の方と共感していただける部分を共有できたら」とお答えいただきました。

どのようなプリスクールになるのか?

*画像はイメージです。出典:アオバジャパン・バイリンガルプリスクール

アオバジャパン・バイリンガルプリスクール用賀キャンパスの願書受付は、すでに始まっています。
国際社会で活躍する人材を育成するため、英語教育はもちろん母国語である日本語や日本文化に慣れ親しむことも大切にするバイリンガル教育を行っています。

IB×STEAM教育も導入予定

A-JB下目黒キャンパスのSTEAM教育の様子。

科学、テクノロジー、工学、芸術、数学を総称してSTEAM教育と呼びます。
変化し続ける世界の中で、変化そのものを新たに生み出す「モノづくり」の力や「問題解決力」を育むため、日々のゾーン遊びやIBのPYPカリキュラムの中で、STEAMを通した学びの機会を組み込んでいます。

アフタースクールプログラムとスクールバスも提供予定

スクールバスの運行情報は説明会などでお聞きください。

A-JBで大人気のアフタースクールプログラムは、体操、空手、バレエ、ダンス、プログラミング、こぐま会などを実施予定です。

共働きのご家庭でも、送迎の負担なく平日に習い事ができ、子どもたちの興味関心を広げることが可能です。

用賀キャンパスのスクールバスは、キャンパスを中心に片道1.5時間以内の範囲で運行予定です。

お問い合わせ

名称:アオバジャパン・バイリンガルプリスクール用賀キャンパス
所在地:〒158-0098 東京都世田谷区上用賀2-4-18 コリーヌ馬事公苑A棟 3F
電話番号:090-4112-9002(2023年3月末まで)
開校曜日:月曜日~金曜日(別途、土曜日はALAサタデープログラムあり)
開校時間 8:10-18:30
- 基本保育時間 8:10-16:10
- 延長保育時間 16:10-18:30
- 登校時間 8:10-8:30、下校時間 15:55-16:10
- 別途ASP(アフタースクールプログラム)あり

休校日 土・日・祝日、GW(1週間程度)、夏休み(8月2週間)、年末年始(12月中旬~1月上旬)、春休み(3月下旬~4月上旬)、その他休日イベントの振替休日等

※なお、夏休みの2週間、年末年始の1週間、春休みの1週間には、100%英語のシーズナルプログラムが開催されます(料金別途、内部生割引料金あり)

お問い合わせ - Aoba Japan Bilingual Preschool

https://aoba-bilingual.jp/contact/

お問い合わせ 入力 送信 完了 下記お問い合わせフォームに必要事項を入力して送信してください。3営業日以内にお

2023年4月開校予定のアオバジャパン・バイリンガルプリスクール 用賀キャンパスがどのような内装になっていくのか、楽しみですね。

「プリスクールができるまで」にて今後もお伝えしていきます!

▽ 同園にご興味をお持ちの方は、こちらよりお問い合わせください。

用賀キャンパス2023年4月開校予定 - Aoba Japan Bilingual Preschool

https://aoba-bilingual.jp/yoga/

馬事公苑まで徒歩5分緑豊かな環境で学ぶ 東京オリン

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、執筆しながら国際教育評論家として、NHK、日本経済新聞やフジテレビ ホンマでっかTV、東洋経済、プレジデント、日本テレビ、TOKYO FMなど各メディアにコメント及びインタビューが掲載されています。

プリスクールの元経営者であり、都内の幼小中の教育課程のあるインターナショナルスクールの共同オーナーの一人です。

国際バカロレア候補校のインターナショナルスクールの共同オーナーのため国際バカロレアの教員向けPYPの研修を修了しています。

関連する投稿


【速報!】東京ウエストインターナショナルスクールに高等部開校!幼小中高の一貫校へ

【速報!】東京ウエストインターナショナルスクールに高等部開校!幼小中高の一貫校へ

東京都八王子市にある東京ウエストインターナショナルスクールは、2024年度から高等部を設立し、将来のキャリアを見据えた国内外の希望の大学へ最短で進学できる仕組みを創りました。国際バカロレア PYP認定校である同校の小学部、中学部、高等部の年間学費は、約110万円と他のインターナショナルスクールに比べると良心的な設定です。


IBボーディングスクールの国際高等学校がスプリングスクールを開催!

IBボーディングスクールの国際高等学校がスプリングスクールを開催!

全寮制の国際バカロレア認定校の国際高等学校は、一条校の私立高校です。 世界を目指す男女共学のボーディングスクールとして、9月入学制度を採用していますが、4月から開講する入学前準備課程(日本の中学校を卒業した生徒対象)も実施しています。編集部では、同校の創立から記事にしてきました。今回、オススメなのが同校生徒と交流できる春休みのスプリングスクールです。対象は、中学校1年生と2年生で英語力が必要です。日程は、3月23-26日(3泊4日)または3月23-24日(1泊2日)から選べます。


【インタビュー】24年4月幼稚部開園、今後高校部も開校へ 注目のCTIS

【インタビュー】24年4月幼稚部開園、今後高校部も開校へ 注目のCTIS

キャピタル東京インターナショナルスクール(以下、CTIS)は、2022年4月に小学部 (Grade 1 - Grade 5)を開校し、23年4月に中学部 (Grade 6 - Grade 9) を開校しました。今後、24年4月渋谷に幼稚部、高校部を開校予定です。2年目を迎えた今、どのようにスクール運営は変化しているのでしょうか。同校教育事業部の山田亜希子部長にインタビューをお願いしました。


【23年8月開校!】シンガポール発のワンワールドインターが大阪に開校へ!

【23年8月開校!】シンガポール発のワンワールドインターが大阪に開校へ!

シンガポール発のワンワールドインターナショナルスクール(OWIS)は、2023年8月にワンワールドインターナショナルスクール大阪校を開校させることを公表しました。2023年度は、幼稚部と初等部が開校予定です。幼稚部は年少から年長までの3学年制、初等部は1年生から5年生までの5学年制です。大阪府生野区に開校します。


カナディアン・アカデミーで楽しみながらサイエンスを学ぶ

カナディアン・アカデミーで楽しみながらサイエンスを学ぶ

神戸のインターナショナルスクール、カナディアン・アカデミーは100年以上の歴史を通してSTEAM (Science, Technology, Engineering, Arts, Mathematics)に力を入れてきました。中でも、サイエンスの授業にはたくさんの実験や他学年との交流授業など、生徒が楽しみながら主体的に学べるような仕掛けがたくさんあります。


最新の投稿


【サマー:乳幼児】ローラスの都内でプチ留学!オールイングリッシュのSTEAMサマーキャンプ

【サマー:乳幼児】ローラスの都内でプチ留学!オールイングリッシュのSTEAMサマーキャンプ

毎年人気の1歳半~幼稚園生対象のサマーキャンプを今年も開講します。海外に行かなくてもプチ留学体験ができるチャンス!ぜひ参加してみませんか?


【速報!】東京ウエストインターナショナルスクールに高等部開校!幼小中高の一貫校へ

【速報!】東京ウエストインターナショナルスクールに高等部開校!幼小中高の一貫校へ

東京都八王子市にある東京ウエストインターナショナルスクールは、2024年度から高等部を設立し、将来のキャリアを見据えた国内外の希望の大学へ最短で進学できる仕組みを創りました。国際バカロレア PYP認定校である同校の小学部、中学部、高等部の年間学費は、約110万円と他のインターナショナルスクールに比べると良心的な設定です。


カナディアン・アカデミーのUniversal Design for Learning (UDL)とは

カナディアン・アカデミーのUniversal Design for Learning (UDL)とは

カナディアン・アカデミーでは、Universal Design for Learningのコンセプトを学校生活や授業のプランニングに取り入れています。「一人ひとりの学びのプロセスは違っている」という理解のもと、様々な工夫を通して生徒一人ひとりに合わせた学びをデザインします。


【イベントレポート】ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスのSTEAM Fair 2024 4000名が来場

【イベントレポート】ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスのSTEAM Fair 2024 4000名が来場

1.5歳~中学生対象の2日間に渡るサイエンスの祭典。今年のテーマは ”AI & Future Technology"を実施。ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスは、4年ぶりに2024年3月16日(土)、17日(日)にSTEAM Fair 2024を東京・港区の初等部/中等部の新校舎で開催しました。


BST welcomes the new Principal, Mr Ian Clayton

BST welcomes the new Principal, Mr Ian Clayton

The British School in Tokyo welcomes the arrival of its new Principal, Mr Ian Clayton, starting from Term 3 of 2023-2024 academic year.