Powered by Global Step Academy    
​ ウィリアム王子の母校イートン校がオンライン教育を開始。「イートンX」とは?

​ ウィリアム王子の母校イートン校がオンライン教育を開始。「イートンX」とは?

世界のトップボーディングスクールといえば、英国のイートン校が代表的だ。チャールズ皇太子、ウィリアム、ヘンリー王子ともにイートン校で学んだ英国の名門イートン校。実は、オンライン教育を開始した。それが「イートンX」。その知られざれるイートンXと英国のボーディングスクールについてまとめた。


名門イートン校

英国王室のチャールズ皇太子、ウィリアム王子、ヘンリー王子の母校といえば、「イートン校(Eton College)」だ。

文武両道のイートン校。画像は、ホームページのスクリーンショット

英国には著名な名門ボーディングスクールとしてウェストミンスター校、ウィンチェスター校、イートン校、ハーロー校、ラグビー校、マーチャント・テイラーズ校、セントポールズ校、シュルーズベリー校、チャーターハウス校などがある。

1440年に創立されたイートン校は、英国王室との結びつきを含め、やはり特別だ。
ちなみにイートン校の年間授業料は、約38,000ポンド(約530万円)。

王室、貴族の求める教育が500年以上も続いてきたと言える。

ちなみに80年代、90年代と英国のボーディングスクールは、昔ながらの全寮制と寮費を含めた学費が高額ということもあり、人気が低下していた。

▼「ハリーポッターブーム」で英国のボーディングスクールが人気に!

ハリー・ポッターの呪い?それでも英国のボーディングスクールが笑う理由

http://istimes.net/articles/951

世界的ベストセラーの児童書といえば、J・K・ローリング著の「ハリー・ポッター」。ハリー・ポッターが通ったホグワーツ魔法魔術学校は、イギリスのボーディングスクールが舞台です。英国のボーディングスクールの展開も実は、ハリー・ポッター効果があったようです。

しかし、1997年以降の「ハリーポッターブーム」と2000年以降の「新興国」の発展とともに国際エリート教育の需要からボーディングスクールは再び人気になっている。

▼英国のボーディングスクール人気を再燃させた「ハリーポッター」。公式Instagramでは懐かしい光景が並ぶ。

海外に分校を作る英国のボーディングスクール

ハリーポッターブームと新興国の国際エリート教育の需要から、英国のボーディングスクールは積極的に世界に分校を開校していった。

イートン校で学んだウィリアム王子は、名門マルボロカレッジで学んだキャサリン妃と結ばれたが、キャサリン妃が学んだマルボロカレッジは、2012年にシンガポールに分校を創立している。

▼マルボロカレッジシンガポール校 公式Instagramより引用

500年以上の歴史と伝統。
英国のボーディングスクールのブランド力は、世界の新興国でさらに花開く。

ハーロー校は、バンコク校・香港校・北京校・上海校にインターナショナルスクールを開校している。
エプソムカレッジは、2014年にマレーシアにマレーシア校を開校。

その中でボーディングスクールの雄イートン校の動向に注目が集まった。

イートン校のグローバル戦略

注目が集まるイートン校のグローバル戦略は、予想しない形となった。
なぜならば、グローバル戦略とともにオンライン教育だったからだ。

イートン校は、海外に分校を作るのではなく、オンラインの「イートンX」としてグローバル戦略の一歩を踏み出した。 

▼オンライン教育として開始された「イートンX」

イートンXは、中国でサービスを開始したのも特徴だ。

▼中国で開始されたイートンX。公式ホームページも中国語と英語で説明されている。

イートンXのユニークな点は、オンラインを中国でというだけではない。

イートン校は、イートンX開始するのあたり「イートン オンライン ベンチャーズ」として子会社を設立しているのだ。

イートン校は、イートンXを一般向けではなく、中国の学校に課外授業として販売することから始めた。

▼イートン校の公式ホームページに掲載されているイートン オンライン ベンチャーズ。

イートン校が教育ベンチャーとして運営する。

イートンXでは、イートン校の生徒が学ぶ科目をオンライン化している。
一般家庭向けではないのが、残念だ。

イートンXのコースには、起業家プログラムなど「開発中」のコースなどが並ぶ。

イートンXは、オンラインでイートン公認の教師が指導にあたり、年に数回、直接、学校に訪れる仕組みだ。

英国のボーディングスクールが海外に分校を作る中で、グローバル戦略で「オンライン教育」という選択肢を選んだイートン校。

しかし、イートンXで取り組むオンライン教育などEdu Tech分野では、アメリカ系が早く動き出している。

英国、アメリカの動きの中で日本では、インターナショナルスクールをオンライン化した「オンライン・インターナショナルスクール」のGlobal Step Academyが英語で学ぶ英語、算数など提供を始めた。

▼世界初となるインターナショナルスクールのオンライン化は日本でサービスをスタート。日本発のオンライン教育として「英語で学べる」インターナショナルスクールだ。

EduTechで席巻するアメリカ

オンライン教育などEduTech分野では、英国よりもアメリカが先頭を走っている。
その代表が、2006年にサービスを開始したカーンアカデミーだ。
豊富な内容を無償で開始し、大きな話題となった。

▼カーンアカデミーの小学4年生向けの算数のレクチャー動画。無料で科目を学べる。

同時期の2006年には、スタンフォード大学もオンライン講座を提供し、その後、数年で一気にオンライン教育が広まった。

▼MITとハーバード大学、京都大学などが参加するエデックス(edX)。

大学の教養科目から専門科目を始め多くの科目が学べる。

海外に活路を見出す英国、Edu Techに活路を見出すアメリカ

英国のボーディングスクールは、新興国の発展に合わせ、海外に分校を作ることで活路を見出してた。

イートン校のように海外に分校を作らず、オンライン教育でグローバル戦略を進めるのは珍しいと言える。

その一方で、アメリカのボーディングスクールは、英国のボーディングスクールのように海外展開を積極的ではない。

その背景には、国土が広大なアメリカでは、オンラインを始めホームスクリングなどでEdu Techが発展したことが挙げられる。

その一方で、英国は、インド、中東、アフリカなど大英帝国時代の教育制度が残っている国が多い。

シンガポール、マレーシアなど英国のボーディングスクールが分校を開校している地域は、英国の教育制度が残っている。

旧植民地が新興国として経済発展するとともに現地で英国式教育のニーズが高まり、それが名門ボーディングスクールの分校誘致へと繋がった。

Edu Techで先行するアメリカ。
教育の歴史を世界展開で活用する英国のボーディングスクール。

名門イートン校のオンラインは、Edu Techで覇権を握るアメリカへ投じる一石となるのだろうか。

イートン500年の歴史に中国で開始された「イートンX」が刻まれるだろうか。

こちらも参考にしたいですね。

2018年4月に理工系リベラルアーツのボーディングスクールが開校。国際高専のスゴイ挑戦とは?

http://istimes.net/articles/939

2018年4月に開校予定の国際高等専門学校。石川県白山に開校されます。世界から学生を募集し、英語で理系を中心とした専門教育を受けることができます。3年次にはニュージーランドの理系大学に1年間留学します。高専として合計5年間を学び、大学へ編入学もでき、海外の大学にも進学するルートが拓けます。

ボーディングスクールのスゴイ学費。世界トップに人脈を作るには、やはりお金がかかる?

http://istimes.net/articles/775

世界トップの子弟が学ぶボーディングスクールの学費とはどのくらいかかるのでしょうか。中学校・高校で培った人脈は、一生続きます。ボーディングの学費とその施設を中心にまとめました。

【英国発】ジョージ王子の学校が決定!一体どんな学校なの!?

http://istimes.net/articles/894

先日、英国王室はウイリアム王子とキャサリン妃の長男、ジョージ王子(3歳)が9月からロンドン南部にある「トーマス・バタシー校」に入学する事を明らかにしました。ジョージ王子に自分が卒業した学校とは、別の学校を選んだウイリアム王子、キャサリン妃夫妻。どんな学校に入学するのかロンドン在住のChika B記者がご紹介します。

王子は、カナディアン・インターナショナルスクール卒?ロイヤル・ウェディングから考えるインター卒の進路

http://istimes.net/articles/943

秋篠宮家の眞子さまの婚約相手がカナディアン・インターナショナルスクール卒業生として話題になっています。そこで、編集部ではインターナショナルスクール卒業生がどのような国内の大学に進学しているのか、をまとめました。皇室と国際教育。英語で学べる探究的な学びを提供する大学の姿が見えてきます。

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、また東京ウエストインターナショナルスクールの理事を務めながら、国際バカロレアのPYPの研修を受け、現場経験と記者の目線で記事を書いています。

関連する投稿


【超速報】2022年英国名門ラグビー校が日本にインターナショナルスクールを設立へ

【超速報】2022年英国名門ラグビー校が日本にインターナショナルスクールを設立へ

英国エリザベス女王1世が勅旨で開校した名門校”The Nine"の一校であるラグビー校が日本に開校することが決まりました。北海道と東京に開校へ。


【校長決定!】神石インターナショナルスクールが生徒募集を開始へ!

【校長決定!】神石インターナショナルスクールが生徒募集を開始へ!

ニコラス・ジェームス・ガン氏が校長に就任することが決まり、2020年4月開校に向けて準備が進む神石インターナショナルスクール。生徒募集も始まり、日本初の小学生のボーディングスクールの姿が見えてきました。早速、神石インターナショナルスクールの生徒募集内容を紐解いていきます。


えっ!聖徳太子の時代から続く英国の名門The King's  School Canterburyに新コースが開校!

えっ!聖徳太子の時代から続く英国の名門The King's School Canterburyに新コースが開校!

現存する世界最古の学校ー英国の名門The King's School Canterburyは、597年に創立されました。イギリスのケント州カンタベリーにある同校は、千年以上の歴史があります。そのキングズ・スクールに中高生向けの新たなインターナショナル・カレッジが開校します。セミナーが3月2日(土)、3日(日)の両日15:00から開催されます。英国式名門ボーディングスクール で学んでみませんか。


なぜ、英国王室ゆかりの英国式プリスクールが人気なのか? 新たな名門校クラレンスインターナショナルスクール人気の理由とは?

なぜ、英国王室ゆかりの英国式プリスクールが人気なのか? 新たな名門校クラレンスインターナショナルスクール人気の理由とは?

英国王室ゆかりの英国式プリスクールがクラレンスインターナショナルスクールです。表参道校が人気となり2018年9月から元麻布校を開園します。同園の卒園児は、名門インターナショナルスクールに進学しており、注目が集まる元麻布校の開園です。


イベントレポート【第2弾】未来を拓くイノベーターの育て方

イベントレポート【第2弾】未来を拓くイノベーターの育て方

ローラスのサイエンスフェアで開催され、大盛況で終了した教育セミナー『未来を拓くイノベーターの育て方』。海外の大学やボーディングスクールへの進学を検討している場合、どのようにお子様の幼児教育を準備すれば良いのか、当日のイベントレポートをお届けします。


最新の投稿


【保育無償化】インターナショナルスクールの保育・幼稚部が2020年開園ラッシュ!

【保育無償化】インターナショナルスクールの保育・幼稚部が2020年開園ラッシュ!

インターナショナルスクール保育・幼稚部の年間授業料は、150万から250万の間だ。保育無償化で対象となるインターナショナルスクール保育・幼稚部に通うと保護者は、年間約45万円が給付される。実質的な負担は約100万から200万に下がる。小学校の英語科目化など受験制度の変化も感じ取った保護者が「英語で探究的に学ぶ」インターナショナルスクールの保育・幼稚部を選ぶケースが増えている。 保育無償化の新年度となる2020年4月。全国的にインターナショナルスクールは、開園ラッシュを迎える。令和のインターナショナルスクールブームの号砲となりそうだ。


募集開始!【UWC ISAK Japan】サマースクール募集開始!

募集開始!【UWC ISAK Japan】サマースクール募集開始!

今年も来年のサマースクールに向けてUWC ISAK Japan のサマースクールの募集が始まりました。ISAKで学びたい生徒も、ISAKの学びから自分らしさを発見する生徒も、ぜひ参加したいですね。


【都立新国際高校(仮)】計画は、今、どのように進んでいるのか?

【都立新国際高校(仮)】計画は、今、どのように進んでいるのか?

期待が集まる東京都立「新国際高校」。国際教養学科に理数教養コース、語学教養コースの2コースを設置し、東京都港区白金二丁目に約19,720平方メートルの校舎が建築予定です。旧東京都職員白金住宅地があった場所で現在、工事が進んでいます。具体的な生徒募集時期はまだ発表されていませんが、大きな注目を集めそうです。


【12/7】国際バカロレアを知って、体験!東京で英数学館による教育フォーラムが開催!

【12/7】国際バカロレアを知って、体験!東京で英数学館による教育フォーラムが開催!

12月7日(土)に東京インターナショナルスクールを会場に、英数学館による教育フォーラムが開催れます。国際バカロレアをテーマに親子で英語イマージョン教育と国際バカロレアの体験もできるワークショップも開催されます。特別講演に元日本代表監督の岡田武史氏、基調講演に国際バカロレア大使の坪谷ニュウエル氏、三部のパネルディスカッションでは同校卒業生であり、株式会社ジャパンタイムズの代表取締役会長の末松弥奈子氏がファシリテーターに登壇し、英数学館中・高等学校永留聡校長、坪谷氏、卒業生の船井木奈美氏が登壇。四部では、小学5年生~中学3年生を対象とした英語イマージョンプログラムや国際バカロレアの教育を体験できるワークショップが開催されます。


学費無償!フランス発エンジニアスクール「42」が東京に開校へ

学費無償!フランス発エンジニアスクール「42」が東京に開校へ

フランス発エンジニア養成機関がついに日本に開校へ。その名も「42 Tokyo」。 フランス発の42は、フランスのパリ、アメリカのシリコンバレー、フランスのリオン、ベルギー、モスクワ、モロッコと次々に開校してきました。エンジニアになるための養成機関ですが、授業料などはありません。企業、実業家が支援をしています。


“インターナショナルスクールタイムズ編集部のメルマガ登録はこちら”
GSA