Powered by Global Step Academy    
【スプリング】「Leonardo Da Vinci and Flight」がテーマのローラスのSpring School!

【スプリング】「Leonardo Da Vinci and Flight」がテーマのローラスのSpring School!

ローラス インターナショナルスクール オブ サイエンス白金台校では、小学生(1年生~6年生)を対象としたSpring Schoolを開講いたします。今年のテーマは、「Leonardo Da Vinci and Flight(レオナルド・ダヴィンチと飛行)」。飛行を原点から紐解き、その構造と歴史を学びます。


テーマは「レオナルド・ダヴィンチと飛行」

STEM教育に特化したカリキュラムが人気のローラス インターナショナルスクール オブ サイエンス(以下、ローラス)は、都内を中心にインターナショナルスクール6校とランゲージスクール2校運営する、関東最大規模のインターナショナルスクールグループです。

ローラスでは、小学生(1年生~6年生)を対象としたSpring Schoolを3月27日(火)~30(金)の4日間で開講します。今年のSpring Schoolのテーマは、「Leonardo Da Vinci and Flight(レオナルド・ダヴィンチと飛行)」。

万能の天才、レオナルド・ダヴィンチが書き残した膨大なメモには、ヘリコプターの元祖といわれる有名な飛行機械のスケッチが存在します。

残念ながら、このヘリコプターが実際に空を飛ぶ事はできませんでしたが、回転するプロペラによって上昇するアイディアを初めて記してある事から、これがヘリコプターの原点だと言われています。

ローラスのSpring Schoolでは、このダヴィンチが着想したヘリコプターの元祖から辿る飛行の歴史や種類、そして最新の飛行機について学びます。そして、飛行の仕組みを理解し、自分でオリジナルの飛行機を作る事にも挑戦します!

●Spring School概要
・テーマ:Leonardo Da Vinci and Flight(レオナルド・ダヴィンチと飛行)
・日時:3/27(火)~30(金)10:00-15:00 
※4日間通しでご参加ください。
・対象:小学生(1年生~6年生)
・授業料:36,000円
・開催校:白金台
・申し込み締切:3/12(月)まで
※スクールバス希望者は:3/5(月)まで

▼お申込みはこちら。

校長先生とSTEM講師が一体となり授業を考案

ローラスのSpring Schoolのカリキュラムは、校長先生と教科講師が一体になって、クラスを考案しています。常に最先端で魅力的な授業を生徒に提供する為に、世界中から教材を探し出しています。

例えば、今回のSpring Schoolでは、このような授業が予定されています。

①Scratchを使ったプログラミングレッスン


アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボのライフロング・キンダーガーテンというグループが作った、「Scratch」を使ったプログラミングレッスンを毎日予定しています。

Scratchは、小学生でも簡単にプログラミングができるソフトで、自分だけのゲームやアニメーションをだれでも作ることができます。
今回のSpring Schoolでは、飛行をテーマにしたプログラミングに挑戦します。

②レースドローンに挑戦しよう

時速100kmを超える高速で空を飛ぶドローン。その機体をいかに速く、そして正確に操れるかを競うスカイスポーツがドローンレースです。

中東のドバイでは、派手な電飾が施された特設コースが設置され、賞金総額100万ドル(約1億1,000万円)のレースが開催されるなど、近未来の競技として話題を集めています。

見事優勝を手にしたBanni-UKのメインパイロットLuke Bannister、15歳

フリースタイル優勝した韓国チームのパイロットMinChan Kim氏。彼も15歳

ローラスでは、プロのドローンレーサーを呼び、ドローンレースの体験レッスンを予定しています。ここから未来のドローンレーサーが誕生するかもしれませんね!

③STEMレッスンで様々な飛行体を作ろう

なぜ物体は飛行できるのか、飛行の原理を学んだ後は、色々な飛行体作りに挑戦します。

・Hot Air Balloon(気球)
・Stomp Rockets(エアーロケット)
・Hoop Flyers(フープフライヤー)
・Kite making(凧作り)
・Paper Helicopters(紙ヘリコプター)

様々な飛行体の構造を学び、実際に自分で作る過程を通して、知識がインターナライズ(吸収)されていきそうですね。

英語の習熟度別でクラス編成

普段、日本の小学校に通っている生徒とインターナショナルスクールに通っている生徒では、もちろん英語の習熟度が異なります。

Spring Schoolに参加する前に、英語の習熟度別でクラスを分け、クラス毎にレベルに応じたLanguage ArtsやReadingのクラスを提供します。
もちろん、スクール内に一歩入るとALL Englishを徹底しているので、日本人の生徒が多いクラスも、英語環境にどっぷりと浸かりながら、STEMを学ぶ事ができます。

似たようなバックグラウンドの生徒が同じクラスに集まるので、違うインターナショナルスクールや小学校に通うお友達もできそうですね。

働くお母さん必見!18時まで延長(学童保育)も可能!

ローラスのSpring Schoolは10時~15時のコースを提供していますが、18時まで延長保育する事も可能です。
さらに、スクールランチやバスサービスもあるので、普段は日本の小学校に通っている生徒さんもスムーズに参加できるようになっています。

実際に、参加者の中には、普段はスクールの近隣の小学校やインターナショナルスクールに通われていて、イベントの時だけ参加されている方もたくさんいらっしゃいます。

STEMと英語の環境にどっぷりと浸かる事。

この体験が幼児期から積み重なる事で、英語でコミュニケーションをしたり、STEMに取り組む事がポジティブで明るいイメージに変わり、大きくなってから本格的に学ぶ際の精神的なハードルがぐんと下がります。

ALL English×STEM教育に特化しているローラスの教育を受ける事で、その後の人生においての「英語コミュニケーション力」×「STEMの思考力」を定期預金のように自信として積み重ねているんですね。

子供の脳の成長は、乳幼児期が一番成長します。
その時期に、定期的に英語で探究的に学ぶ経験を積ませてあげたいですね。

お問合わせ

Laurus International School of Science Primary
ローラス インターナショナルスクール オブ サイエンス 初等部
・初等部/1年生~3年生
・アフタースクール/1年生~6年生

Laurus International School of Science
ローラス インターナショナルスクール オブ サイエンス
青山、高輪、白金台、田園調布、武蔵小杉、武蔵新城
・プリスクール/1歳半~3歳
・キンダーガーテン/3歳~6歳
・アフタースクール/幼稚園、小学生

Laurus Language School
ローラス ランゲージスクール
西馬込、久が原
・プリスクール/1歳半~3歳
・アフタースクール/幼稚園、小学生

◆URL:http://www.laurus-school.com

▼1歳半から6歳を対象としたスプリングスクールは、こちらをご参考ください。

【スプリング】テーマはパイロット!ローラスのSpring Camp

https://istimes.net/articles/1089

ローラス インターナショナルスクール オブ サイエンスの青山・高輪・白金台・西馬込・田園調布・武蔵小杉・武蔵新城の各校では、1歳半から6歳を対象としたSpring Campを開講します。今年のテーマは、“Pilots - Let’s Fly to the sky! -”パイロットになりきって、大空に飛び出そう!

こちらも参考にしたいですね。

【イベントレポート】ローラスインターナショナルスクールのScience Fair!

https://istimes.net/articles/1059

STEMカリキュラムに特化したインターナショナルスクールとして話題の、ローラス インターナショナルスクール オブ サイエンス。タイムスでは、11月11日(土)と12日(日)の2日間にわたり開催された、Science Fairの当日レポートをお届けします。

【武蔵新城に開校!】STEM教育のローラスインターナショナルスクールサイエンス武蔵新城校

https://istimes.net/articles/998

神奈川県川崎市の南武線武蔵新城駅にローラス インターナショナルスクール オブ サイエンス武蔵新城校が開校しました。同校を運営するのは、関東最大のSTEMインターナショナルスクールのローラスグループです。そのため英語とSTEM教育の2本柱の教育方針に特徴があります。完成したばかりのローラス武蔵新城校を見せてもらいました。

イベントレポート【第1弾】米名門大8校(アイビーリーグ)現役合格の秘訣

https://istimes.net/articles/1018

ローラス インターナショナルスクール オブ サイエンスのサイエンスフェアで開催され、大盛況で終了した教育セミナー『Ivyリーグ現役合格の秘訣』。世界最高峰の大学を目指すにはどのような学生生活を送れば良いのか、当日のイベントレポートをお届けします。

イベントレポート【第2弾】未来を拓くイノベーターの育て方

https://istimes.net/articles/1086

ローラスのサイエンスフェアで開催され、大盛況で終了した教育セミナー『未来を拓くイノベーターの育て方』。海外の大学やボーディングスクールへの進学を検討している場合、どのようにお子様の幼児教育を準備すれば良いのか、当日のイベントレポートをお届けします。

この記事の記者

都内でインターナショナルスクールを運営した経験から現場の目線と記者としての目線で記事を書いています。

関連する投稿


【体験型説明会が面白い!】ついに開校!国際高等専門学校の説明会

【体験型説明会が面白い!】ついに開校!国際高等専門学校の説明会

2018年4月に理工系リベラルアーツとして開校した「国際高等専門学校/International College of Technology(略称・国際高専/ICT)」。理工系リベラルアーツのボーディングスクールとして注目を集めています。編集部は、注目を集める国際高専の説明会に同行!体験型の説明会をレポート! 取材・撮影=干川美奈子 編集=村田学


【スプリング】テーマはパイロット!ローラスのSpring Camp

【スプリング】テーマはパイロット!ローラスのSpring Camp

ローラス インターナショナルスクール オブ サイエンスの青山・高輪・白金台・西馬込・田園調布・武蔵小杉・武蔵新城の各校では、1歳半から6歳を対象としたSpring Campを開講します。今年のテーマは、“Pilots - Let’s Fly to the sky! -”パイロットになりきって、大空に飛び出そう!


【ウィンター】ローラスのWinter Schoolで現代の錬金術師になろう!

【ウィンター】ローラスのWinter Schoolで現代の錬金術師になろう!

STEM特化型のインターナショナルスクールとして注目を集めている、ローラス インターナショナルスクール オブ サイエンス。今年のWinter Schoolのテーマは、「The Miracles of Modern Alchemy!」と発表されました。小学生を対象に開講しているWinter Schoolです。


【イベントレポート】ローラスインターナショナルスクールのScience Fair!

【イベントレポート】ローラスインターナショナルスクールのScience Fair!

STEMカリキュラムに特化したインターナショナルスクールとして話題の、ローラス インターナショナルスクール オブ サイエンス。タイムスでは、11月11日(土)と12日(日)の2日間にわたり開催された、Science Fairの当日レポートをお届けします。


【ウィンター】ローラスのWinter Campで小さなドクターに変身しよう!

【ウィンター】ローラスのWinter Campで小さなドクターに変身しよう!

STEM特化型のインターナショナルスクールとして注目を集めているローラス インターナショナルスクールのウィンターキャンプ。12月25日(月)から12月28日(木)に1歳半から6歳を対象に白金台スクールで開催されます。このWinter Campでは、体にまつわる「なぜ?」について、一つひとつ分かりやすく解き明かします。


最新の投稿


【冬休み】ウィンタースクール都内・近郊4校!平成最後のウィンタースクールは、ここで学ぼう!

【冬休み】ウィンタースクール都内・近郊4校!平成最後のウィンタースクールは、ここで学ぼう!

2018年の冬。平成最後の年は、ウィンタースクールで学び納め! 編集部では、ウィンタースクールを開校するインターナショナルスクールをまとめました。東京都港区、目黒区、立川市、神奈川県大和市の4校です。


【白馬インターナショナルスクール】10/27 未来のための教育を考えるシンポジウム〜AIの進化から考える〜

【白馬インターナショナルスクール】10/27 未来のための教育を考えるシンポジウム〜AIの進化から考える〜

2022年に開校を計画している「白馬インターナショナルスクール」プロジェクトは、10月27日(土)に長野県白馬村で開催します。「AIの進化から考える」をテーマに教育ドキュメンタリー「Most Likely to Succeed」の上映会、第2部にパネルディスカッションを開催します。


【世界算数】MITが人工知能の学部創設に約1,120億円!お子様にMITで学べる英語×算数力を育てよう!

【世界算数】MITが人工知能の学部創設に約1,120億円!お子様にMITで学べる英語×算数力を育てよう!

【世界算数の受験者募集!】MIT(マサチューセッツ工科大学)は、昨日、約1120億円(10億ドル)かけてでAI(人工知能)の学部を創設すると公表しました。STEM教育が重要になってくるなかで、お子様にMITで学べる英語×算数力を育てる良い機会が「世界算数」です。本キャンペーンは、10/17から10/27までのキャンペーンです。


【開園】2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあうバイリンガル・キンダースクール」が開校!

【開園】2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあうバイリンガル・キンダースクール」が開校!

2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあう」を理念にしたHILLOCK Bilingual Kinder School(ヒロックバイリンガル幼児園)が目黒区、品川区にかかる林試の森公園に隣接して開園します。同園を運営する「NPOソダチバ・プロジェクト」は、発起人にSTEM教育、国際教育の専門家が集結しています。


【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

これまでの6年間と今後、国際バカロレアでお子さんの教育、学びがどのように変わるのか。編集部は、国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業第一回のシンポジウムの基調講演の様子をレポートします。第一回のテーマは、「日本におけるIB教育普及・促進について」と題して2018年10月14日に文部科学省で開催されました。(10/17一部記事修正)


GSA